忍者ブログ

曲中景

内憂外患

例の問題で「領有権」や「実効支配」などを新たな語彙として増やされた方は結構おられるのではないかと拝察する。第32回 でも同じ趣旨のことを述べたが、利害関係で争うことほど虚無を覚えることはないので、何とか決着と解決を図ってほしいと願うものであるが、国家の対面という、最早問題の本質は何であるかが分からぬところまで来ているのだから、どちらかが折れない限り、一筋縄ではゆくまい。
そんな訳で、憂いは海の向こうにばかり目が向いてしまう昨今であるが、領有権問題は対外的なものばかりにやあらず、国内にも存在するのであるCamellia
関西におけるそれの筆頭に挙げられるのは、何と言っても「尼崎問題」であろう。ここが兵庫県であること、すなわち神戸や芦屋や西宮と同列に扱うことに違和感を覚える人は、当の尼っ子にさえも少なからず存在し、とりわけJR神戸線より南においてはその傾向が顕著である。最大の根拠は、兵庫県でありながら、電話番号の市外局番が大阪市と同じ「06」である点にある。これを以て、「尼崎は大阪の植民地」と声高に唱える向きが少なくない。「植民地」などと言うと穏やかではなく、そのうち尼崎の威信に懸けて、大阪相手に独立戦争が勃発するのではないかという懸念が沸いてくるが、JRの新快速に乗れば大阪までわずか1駅5分。県庁所在地の神戸より大阪の方が余程結びつきが強いのであって、よしんば大阪府への割譲が提案されても、賛成多数で可決されるかもしれないkfjoek
さすれば、大阪府と兵庫県の府県境を、神崎川や猪名川から武庫川に移すことになるが、その流れで行くと、伊丹市や川西市も大阪府に編入することになる。そこまでやるとさすがに異議が噴出しそうであるが、これにはこれで合理的な理屈が成立する。まず、大阪国際空港のことを「伊丹空港」と通称するが、落ち着いて考えればこれは「うどん風ラーメン」と呼ぶくらいの大変な撞着であり二律背反である。大阪の空港の通り名に兵庫県の地名を用いることは何としてもおかしいと、誰も声を上げないのが不思議でならない。しかし、伊丹市を大阪府に編入してしまえば、この不条理も忽ちに解決するのである。川西市にも同じような不条理があって、例えばJRの「川西池田駅」である。川西のど真ん中にありながら、なぜ川向こうの、しかも大阪府の地名を合成するという奇天烈なことをやるのであろうかoekjfd。また、大阪府に所在する豊能町や能勢町の住民が、能勢電車を利用して梅田に出ようとするとき、一旦兵庫県に出ることを強いられるChildhood。逆に、川西市の住民が、阪急電車を利用して県都である神戸に出るとき、宝塚と西宮北口で2度も乗り継ぐという酔狂なことを考えない限り、一度大阪の十三まで出ねばならぬのだが、そういう屈辱も味わわなくて済むWisdomaaaaa
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R